今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

選手は消耗品ではない、秋山くんをどうするつもりなんだろうか?

風間さんの評価の高さをあえて言葉にしなくとも如実に示しているのが、今の名古屋にとっての秋山くんの存在でしょう
9月になったら大学に戻ることになるって話だったのに、今月もリーグ戦4試合の全てに帯同して出場している現実には驚くばかり。だからといって大学の試合に出場していないわけでもないので、一人だけ強烈な過密日程の中に身を置いていることになります

それも、大学の試合に出場した翌日に名古屋の試合に帯同して試合にも出場しているなんて、心身ともに休む暇が全くないってもんです。まぁ、充実していればそんなことも気にならないのかも知れませんけどね

でも、ウチの同世代の選手だって試合翌日には普通に休養を取るわけですから、試合に出るだけじゃなくて長距離移動もこなしている秋山くんの大変さがわかるってもの

クラブと早稲田大学さん、そして秋山くん本人とどのような形で話し合いがなされているのかわかりませんが、全ての関係者が合意しているとしてもちょっと無理をさせ過ぎだと思います

始めの頃は、
「あれ、戻ってないんだね。良かった良かった」
なんて捉えていたのが

そのうちに
「今日もいるんだね、早稲田さんには申し訳ないけど助かるな~」
に変わり

さすがに今や
「オイオイ、無理させ過ぎじゃないの?」
って感じです


このままだと、大学側が彼の体調を考慮してやむなく出場時間を調整するようなことになる恐れもありますよね。それこそ本末転倒ですし、本来ならウチこそが配慮すべきところのはずですが・・・

そこで心配なのが彼が今の状態に耐え切れなくなってコンディションを崩してしまうこと。疲労からくる故障も怖いんですが、本人が自覚しないままにオーバートレーニング症候群にでもなってしまったらどうするんでしょうか?

彼が重要な選手であることは十分にわかっています。だからこそ、消耗品のように無理をさせていいってもんじゃありません

仮に秋山くん本人が名古屋の試合にも出場したいと懇願していたとしても、本当に彼のことを大事に思うのであれば休みを与える配慮をクラブとしてすべきだと感じますよ

彼のサッカー人生は名古屋のためだけにあるわけじゃありません

故障でもしない限り、これまでと変わらず起用し続けるんじゃないかと予想されますが、くれぐれも故障したり精神的に疲れてしまうことのないようにしてもらいたいものです

最後に
ここまでの貢献度は契約金などに反映させるなどして、誠意だけは見せてもらいたいですね


とにかく、秋山くん無事であれ!

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 22:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT