今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京V戦、シャビエルの技術力はさすが

勝利から遠ざかっていたこともあり、後半開始早々に1点返されたときには気持ちが随分とざわついてしまいましたが、今回はいつもとは違って効果的なタイミングで追加点を奪うことができたので、最後は安心してタイムアップの瞬間を迎えることができました
シモちゃんが出場停止で正剛とスンギョムはスタメンを外れるという予想外の陣容に驚きましたが、スンギョムの代わりに出場したワシントンが先制ゴール、正剛の代わりに出場した武田はしっかりと仕事をしてくれたので、結果的にこの人選は当たりだったというわけですね

もっとも、秋山くんが天皇杯に続いて今回もベンチ入りしていたのも驚きでしたけどね。何でも前日に大学の公式戦でほぼフル出場していたとか・・・。この件はまた別の機会に触れたいと思います

で、キレキレのプレーで流れを作ってくれたシャビエルの話

今さらわかりきったことではありますが、本当に彼は上手い選手ですね。それはボールの受け方であり、相手選手から見たボールの置き場所であり、ボールのコントロールであり、ゴールに絡む姿以外でもスタジアムを沸かせることができ、楽しむことができる選手です。どんな選手でも頭の中であればイメージできるプレーを、ピッチの上で忠実に表現できるって感じでしょうかね

来季も彼をJ2でプレーさせることにならないよう、最後まで諦めず昇格に向けて戦っていきたいですね


では、写真で試合を軽く振り返ります

◆2つの賞を獲得したシャビエル
20170924_東京V戦01 20170924_東京V戦02
月間ランクル賞と8月度のJ2リーグMVPをダブル受賞したシャビエル
8月の彼のパフォーマンスを見れば当然ですね

◆先制ゴールはシャビエル⇒ワシントン
20170924_東京V戦03 20170924_東京V戦04 20170924_東京V戦05 20170924_東京V戦06
ゴール前をゾーンで守る東京Vさんの隙をついた見事なゴール
シャビエルのキック精度も秀逸ですね
泰士との間で交わされた謎の儀式(名刺交換?)も気になります

◆追加点はシャビエル⇒泰士
20170924_東京V戦07 20170924_東京V戦08 20170924_東京V戦09
既視感のある追加点、泰士も吠える

◆秋山くんは大丈夫か?
20170924_東京V戦10
後半途中から出場した秋山くん
選手は消耗品じゃないんだから大事にしないとね

◆小林の3点目
20170924_東京V戦11 20170924_東京V戦12
足元にこぼれてきたボールを冷静に流し込みましたね

◆和泉の4点目
20170924_東京V戦13
左足を振り切ってゴール隅に決めた見事なゴール
決して簡単じゃないシュートでした

◆わずかな時間で存在感を見せた考起
20170924_東京V戦14
後半アディショナルタイムに3人目として登場した考起
わずかな時間の出場でも必死に走り回ってましたね
その中で得た決定的な場面を決めきれず悔しさの残る試合になりました

◆鯱一家のパフォーマンス
20170924_東京V戦15
ゴール裏を巻き込んだ勝利の儀式に参加した鯱一家
今までこんなことやってましたっけ?


負ければプレーオフ圏内からも脱落する厳しい立ち位置の中で当面のライバルに勝利したわけですが、長崎さん、福岡さん、横浜FCさんも勝利したことで自動昇格を争うライバルたちとの差をつめることはできませんでした

ただ、下にいる身としては自分たちが勝ち続けるしか彼らの上に行く可能性は見えてきません。今回はスッキリと勝利できましたが、これから毎試合がチャレンジの場です。負けはもちろん、引き分けすら許されないような状況です

既に直接対決が終わっている福岡さんや横浜FCさんはもちろんですが、一ヶ月後に対戦する長崎さんには勝ってもなお勝点3差が残りますからね。この先にどのような結末が待ち構えていようとも、今は目の前の試合に必死に立ち向かっていくしかありません

次は2節での対戦のときに強烈なインパクトを残したFC岐阜さんが相手です。お互いの成長度合いを確認しつつ、今度は相手にインパクトを残す内容で勝利したいですよね

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT