今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アウェイ水戸戦は引き分け、ピッチの状態が・・・とか聞きたくもない

2試合で失った勝点は5・・・。この立ち位置でこの時期に失うには大きすぎる勝点です。2節続けてライバルたちも足踏み状態なのをラッキーだと捉えるか、もったいないと感じるかは人それぞれですが、シャビエル加入で急激に上向いた流れも今や停滞?下降線?
映像でも容易に判別がつくピッチコンディションの悪さについては事前に分かっていた話であり、だから上手くいかなかったなんて子供の言い訳レベルにしか聞こえない

芝の長さや散水量まで練習場と同じじゃないと思うとおりにプレーできないのなら、アウェイ対策として練習場に荒れたゾーンでも準備してもらえばいいんじゃないのと思ってしまう

海外を含めて長年サッカーを観てきて実感しているのは、本当に上手い選手たちほどピッチコンディションが悪いときに二流選手との違いがハッキリするってこと

中スポにも書いてあったけれど、わざわざ画面手前側のエリアでのプレーを執拗にこだわってように見えたのは理解不能。まさか、相手に対して違いを見せつけたかったとか言わないよね?


ホームで負けない水戸さん、そんなジンクスも後押ししてスタジアム全体の盛り上がりは素晴らしかったと思います。集客のためにクラブがどれほど営業活動を頑張ろうとも、サポーターたちが仲間への声掛けをして知り合いを連れてこようとも、集客に一番効果があるのはホームで負けないという事実。ホームでの水戸さんが更なる盛り上がりを見せることができることを陰ながら願ってます

さて、そんな水戸さんの選手で印象に残ったのは、GK笠原昂史選手とFW前田大然選手。二人ともインパクト大でしたよ

笠原選手はボールをキャッチした後の素早く豪快なロングスローに圧倒されましたし、前田選手はそのスピードに度肝を抜かれました。幻の先制ゴールも、本物の先制ゴールも迷いなく右足を振り振りぬく姿には脱帽でした


どうしても勝点を失いたくない試合で勝点3をゲットする可能性が小さくなっていく中、不満が残るのが選手交代の選択肢と行使するタイミング。どうせ今日も交代枠を残して終わるんだろうな~って控え選手たちが諦めに似た気持ちで試合を観ていたとすれば本当にもったいないことです。もっとチャンスを与えて欲しいし、きっと流れを変えてくれるはずです

刺激を与えてもいいんじゃないの?

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 11:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT