今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明日は福岡戦、昇格レースのためにも落とせない6ポイントゲーム

ギリギリのところまで追い込まれながらも勝ちきった前節の町田戦の意味あるものにするためにも、何としてもその背後にピッタリと忍び寄りたい明日のアビスパ福岡戦
アウェイで対戦した前半戦では、押谷の退場をキッカケにして流れを失い、そのまま失点を重ねて押し切られてしまいましたが、風間サッカーを実現するための重要なピース(シャビエル)が加わった今、あのときの借りを返すチャンスがやってきたと捉えたいと思います

今季ここまで13試合で複数失点をしていることを考えれば、強敵の福岡さんを相手にして手堅い試合をみせることは難しいでしょうから、15試合で複数得点を決めている攻撃陣の反発力に賭けるリスキーな試合を覚悟するしかありません

町田戦の後半には、アグレッシブな早い寄せを見せる相手に対してボールを前に運ぶどころかキープすることもままならないほど押し込まれる姿を晒してしまい、完全に自陣に押し込められてしまう光景はある意味ショックでした。色々な要素はあると思うのですが、気持ち的な部分と体力的な部分のどちらもが攻撃偏重を継続できなくなる部分をどのように改善するのかが問題でしょう

守備力に自信を持つ福岡さんは、ウチがマイボールの際に激しくプレスをかけてくることは容易に想像がつきますし、それをはがしながらボールを前に運ぶことができればウチの勝ち、町田戦と同様に後ろに下げさせられるようなら相手の勝ち

自分たちが怖がるのか?
相手を怖がらせるのか?

怖がった方が負けです


出場停止明けの泰士が攻守に中盤を引き締めてくれるでしょうから、町田戦の後半のような失態を繰り返すことはないと信じたいと思いますし、ホームで戦う利点を最大限に活かすことができるよう、我々も最大限のサポートで後押しをしたいですね

前節で長崎さんに敗れた福岡さんは今季まだ連敗がないとのことなので、そんな心のよりどころを打ち破ってやることができれば福岡さんにとってショックが大きいでしょうし、タイムアップの瞬間には福岡さんとの勝点差は3になっているはず

昨秋に対戦したときのような試合を期待して、明日は瑞穂に出陣です!

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 06:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT