今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昇格圏と勝点差9を維持してとにかくホッとした熊本戦

簡単に勝てるほどの力量差がないことはわかっている
わかっちゃいるけど今回も苦しかった~
運動量が落ちてしまった試合の終盤にかけては特に顕著で、一歩間違えれば一気に逆転されたんじゃないかと感じるほど。キックオフ時点で気温が33℃もあれば、選手たちはもちろんですが観戦する方々にとっても厳しすぎる環境だったわけですから、それを考えると熊本さんの選手たちはかなりタフでしたね

それにしても、グスちゃんのスピードにはあらためて驚かされました。彼を止めるために2枚カードをもらってしまったことでもそれは明らか。その1枚はワシントンで、累積警告で次節は出場停止となってしまいました。彼の果たす役割は非常に大きいので、痛いですよね

確か直近の2枚は笛が鳴った後でボールを蹴るとか、もらう必要のないカードだったと記憶しています。本当にもったいないし、こういうところでチームに迷惑をかけることになるから反省しなくちゃ

さて、唯一の得点シーンは青木の素晴らしいゴール。自陣でのリスタートから10本以上のパスを細かくつなぎながら、最後は個人技のスキルで奪ったもの。こんなプレーをもっと見せてくれると、試合自体を楽しむことができるんでしょうが・・・

寿人も惜しいシーンが2つ。広島さんのときに見せていた抜け目のないゴールってヤツを、まだウチでは決めきれていないのは気になるところ。そして、デビュー戦となったイム・スンギョムは無難にプレーしていましたね。タイムアップ後に映し出された表情が淡々としていたのは驚きました。結構タフなのかもね?


とにかく、上位2チームが前日に勝点3を積み上げていた状態で迎えたこの試合でしたので、その意味でもかなりプレッシャーでしたが、勝つことができて本当にホッとしました


負けてするのは反省ではなくて後悔
反省は勝ってこそできるもの

次節以降も反省しながら成長したいものですね

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 00:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT