今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

絶望感漂う徳島戦の完敗

自動昇格圏の2チームが足踏みをしてくれるチャンスなんて、そうそう訪れるもんじゃないからこそ、なりふりかまわず勝点3が必要だったのに・・・
ゴールに向かう姿勢も
攻守の切り替えの早さも
選手間の意思疎通も
献身的な運動量も

監督の指導力も含めたチーム力そのものも

目に見える全てにおいて徳島さんの方が上回っており、負けるべくして負けたのだから試合後に挨拶に来た選手たちに不満の声をぶつけることすらお門違いに感じるほど

それにしても、こんなにパス数が少なかった試合は最近では記憶がないくらい。その意味でも徳島さんのペースだったと言えるでしょうね


この試合で一番強く感じた違和感は、シモちゃんを先発から外したこと。内部的な事情は分からないけれど、シモちゃんが入ってからは徳島さんの守備陣は明らかにやりにくそうにしていたし、実際にボールをキッチリと収めてくれるから、周囲の選手たちも安心して前に出ていくことができていましたよね。しばらく前にも同じことを書いた気がする(笑)

先発していれば全然違う試合展開になったんじゃないかと思います


そして、一番ショックだったのが、リカルド・ロドリゲス監督にとっては名古屋の夏が寒いと感じていたらしいこと。ネクタイにジャケット姿だけでも暑苦しそうだったのに、後半途中からはダウンコートを着ていたのにはさすがに驚きました

ちなみに、私の心はそれくらいの重ね着では癒されないほど寒かったのですが・・・


遠路はるばる駆けつけてくれた多くの徳島サポさんたちにとっては、随分とスッキリするような試合になったことでしょう。おめでとうございます。でも、リーグ戦はまだまだ半分残っていますので、ウチだってこのままじゃいませんからね!

0-2となって勝点12差を覚悟したこの試合も、終わってみれば2位とは9差のまま。差を詰めるチャンスを手放したことを残念と感じるよりも、助かったと考えてもう一度仕切り直す方が精神衛生上も前向きになれて良い・・・かな?


絶望感との向き合い方が難しくなってきました。ネガティブ思考をポジティブ思考に変えるのには、少しばかりの時間が必要です

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 13:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT