今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京ヴェルディ戦、選手にフォーカスしてみる

もったいない・・・試合が終わってから時間が経過しても、振り返ればその思いに心が支配されてしまう
そんな試合ではありましたが、ちょっと視点を変えて選手にフォーカスして試合を振り返ってみます



まずはチャンスを手につかみかけている青木

彼にとっても本意ではないポジションでの起用でしょうが、与えられたポジションでの役割をただこなすだけではなく、他の選手ではマネのできない自分のストロングポイントを前面に押し出した個性を見せつけているのはさすがです

たしか当時もブログに書いたはずですが、今でも彼のデビュー戦となったナビスコ杯で受けたインパクトを覚えていますし、大怪我もありかなり遠回りをしてしまいましたが、いよいよ彼の存在感が大きくなるシーズンになりそうですね



次は見事な初ゴールを決めた考起

自分の活躍で試合を決めてしまうこともできた試合展開でしたが、結果として勝利を手放す大きな要因を作ってしまったのも事実であり、ほろ苦い初ゴールになってしまいました

開幕から風間さんは彼のことを起用し続けているものの、そのパフォーマンスは期待に遠く及ばないものだったんじゃないかと個人的には感じていました。その証拠に、前半だけで交代させられることもありましたしね。本人は必死にプレーしていたはずでも、私にはそのプレーが淡白に見えてしまうことを残念に感じてました

ただ、私感ではありますが先月の町田戦からは淡白さが影をひそめ、我を出すようなプレーや姿が目立ち始めていたので、目に見える結果が出れば一皮むけるんじゃないかと期待してたんですよ。この試合がそのキッカケになればいいんですがね~

プチ情報ですが、考起のデビュー戦も青木と同じナビスコ杯の甲府戦。約3年の年月を経た今の彼らがみせる姿には感慨深いものがありますよ



そして最後は、大きすぎる壁を乗り越えようとわずかな隙を狙っている渋谷飛翔

正剛が犯した前節の大きなミス、そして故障と続く滅多に訪れないチャンスで得た出場機会をアピールの場にしたかったはずだが、インパクトを残すほどのパフォーマンスを見せることはできませんでした

DFラインの裏に出たボールに反応して勇気ある飛び出しを試みたがクリアできずかわされたり、1失点目もハイボールをパンチングし損ねてしまったりと、残念なシーンが目に付いてしまいました。ただ、正剛の復帰までチャンスは続くはずなので、積極的なプレーを見せて欲しいですね。不動の守護神がポジションを明け渡すことになる瞬間なんて、こんな状況がキッカケになったりするのかも知れませんから



さて、ヴェルディサポさんたちにとっては納得しがたかったであろう梶川選手の素晴らしいミドルシュートでのゴールが取り消しになった件。リプレイを確認しながらであれば誰でも本当の意味で正しい判定はできるってもの

その場で、その瞬間に、人間の判断で判定するのがサッカーでの判定であるわけですし、副審からは高木大輔選手がプレーに関与したように見えたのであればフラッグを上げるのは当然です。納得できないとしても理解できる判定だったわけで、仮に名古屋側がゴールを取り消されたシーンだったとしても、残念だと思いつつも私はそのように考えたはずです

ただ、今になって考えれば、あのゴールが取り消しになっていなければ良かったなと。だって、そうなれば試合結果は違ったものになったはずですから、もしかしたら勝っていたかも?な~んて、ただの戯言です


連敗を喫して次節対戦するのはアビスパ福岡さん。正剛に玉ちゃん、八反田と故障者が一気に出てしまいましたが、ここでライバルに負けることになれば相当痛いですね

何とかチーム力で相手をねじ伏せてもらいたいと思います

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT