今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中村直志の献身とその代償

先日のエントリーでも取り上げたようにダニルソンの調子がまだ万全ではない今、私が一番恐れていたのは出場停止や負傷によって直志が不在になること。特に、運動量が落ちるこの厳しい真夏に不在になることは、チームにとっても有形無形の影響があるはず。その懸念通りに広島戦では・・・まだリリースが無いので症状は不明です。
爆発的な攻撃力を備えているわけではない名古屋が昨季から好成績を保っているのは、守備が大崩れすることも無く戦うことが出来ているからで、相手に押し込まれる展開になってからでも最後まで集中が途切れることなく守りきるという、まるでタイトロープの上を微妙なバランスをとるようにことが出来ているからに他ならないでしょう。

それを実現するために、数字には表れることがなくても間違いなくチームに欠かすことが出来ない働きをしているのが中盤の汚れ役でもある直志。センターバックの2人に高さがあり対人能力も高く、ゴールマウスには絶対的守護神が立ちふさがることで必要以上に失点をしないで済んでいるわけだが、それもそこに至る前には直志が必ず相手選手をケアしているからこそ成り立つバランスじゃないかと感じる。「微に入り細を穿つ」を地で行く姿とも言えるでしょう。

最近の名古屋は昨季と比較して攻撃に人数をかける頻度が多く、サイドバックは高い位置に上がり、ときには闘莉王さえも流れの中でゴール前に顔を出す。そのような状況で相手にボールを奪われたなら、カウンターの餌食になりたちまち大きなピンチに直結する。

そこで絶大な存在感を示すのが直志

猛ダッシュで自陣に戻り
ボールホルダーに対してカラダを寄せ
相手の攻撃を遅らせて数的不利を回避させたり
相手ボールを奪取する


ときにはファールとなりカードをもらってしまうこともあるし、急激な体力の消耗を招く事態にもなる。それが彼の役目だといえばそれまでだが、これも責任感の上に成り立つまさに自己犠牲の成せる業とさえ感じるほどで、そんなときの直志の働きには感動さえ覚えてしまう。ミッション完遂後に、上半身を大きく前に折りながら膝に両手をついて大きく息を整える姿を見せられると、それがテレビ観戦であっても思わず拍手したくなりますよ。

このように彼に無理を強いることにより、体力を消耗したりカードをもらったりするのはもちろん、故障への恐れを顧みず汚れ役に徹する直志。本当に損な役回りですけれど、あなたの献身的な動きがあるからこそ前線の選手たちも憂いなく攻撃に専念できるってものです。

サッカーは相手より1点でも多くのゴールを奪うために全力を尽くすスポーツなので、ゴールに絡むような派手な活躍をする選手たちに注目が集まることは当然かも知れません。しかし、名古屋を応援する私たちこそは、直志のプレースタイルを知っている私たちこそは、彼に対して感謝の気持ちを拍手で示したいですよね。

これからも、きっと大きな負担が掛かってしまうのは間違いないと思うけれど、出来る限りカードは少なく、故障もしないで、私たちと一緒に最後まで走り抜いてもらいたいと願ってます。

関連記事

| 名古屋関連 | 00:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

コメントありがとうございます
お返事が遅くなる場合がありますがご容赦ください

※全てのコメントは NagoyaNoid が内容を確認後に公開させていただきます
※営利目的などエントリーに関係無い文章、または当ブログに相応しくないと
  NagoyaNoid 本人が判断した場合は、予告無く削除いたします

◆書き逃げを狙う輩へ◆
※いただいたコメントの内容については、当ブログの管理人である NagoyaNoid の
  主観において誹謗中傷だけを目的とした書き込みだと判断した場合は、投稿者の
  残していった情報(ホスト名・IPなど)を予告無くここに公開する場合が御座いますので、
  自分の欲求を満たすためだけに書き逃げをする際は、それ相応の覚悟の上でコメントを
  投稿することを推奨します

※普段からご訪問くださる方には、息苦しさを感じるような注意書きを追記すること
  になってしまい申し訳ございません。あくまでも悪質な訪問者への対抗措置である
  ことをご理解くださると助かります















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT