今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

言うは易し、観客を増やすのは難し

観客数の少なさについてピクシーが試合後に言及した件
さすがにあれは浮世離れしている発言だと思うよ
それでも、言いたいことは理解できるつもりだけどね

私だってホームゲームくらいは毎回参戦していることからも
発表される観客数には米粒ほどではあっても貢献している

そんな自負もあるのだけれど、それ以上でもそれ以下でもない
要するに自己満足の域を出ないんですよね

何しろ、スタジアムに足を運んでまで観戦したいという人間は
少なくとも自分の周囲には全く見当たらないので
自分が参戦する以外には貢献する術が無いわけですよ

このブログが少しでも貢献出来ていれば嬉しいですが・・・
な~んて、それこそ自己満足で自意識過剰だな(笑)

隼磨も観客数については自身のブログで触れていましたが
以前ほどでは無いにしても、浦和さんや新潟さんのように
大観衆を集めることが出来れば選手たちもやりがいがあるでしょう
もちろん、応援する側だって盛り上がった方が楽しいしね

でも、結果を性急に求めてはいけないと思いますよ

今は昨季のように成績を残すことを続けるしかありません
実際に今季のシーチケホルダーが増えたことを考えても
選手たちの頑張りは成果をもたらしているわけですからね

ただ、一般の人たちにもっと興味を持ってもらうためには
選手、監督、クラブもそれなりの犠牲を払う必要があるんじゃない?

ファンサを大きく規制したり
ファン感を廃止したり
常設のクラブショップが無かったり

我々に求めるからにはそのような部分からも
目を背けちゃいけないんじゃないかな?
営業努力がどうこうよりも
クラブの姿勢にも問題はあるはずだよ

外からクラブを長年見てきた自分は少なくともそう感じる

ちなみに、クラブに対する私の要望事項はたくさんありますが
それを伝える術が全くありませんからね
これだってクラブの怠慢だと言えなくもないわけです
※クラブ関係者の方へ、コンタクトをお待ちしてます(笑)

私だって、名古屋が素晴らしいクラブであって欲しいと願ってますからね

大観衆の後押しを受けて名古屋の選手たちがプレーする
色々な人たちの努力によってそれが実現できるといいですね

そして、その光景の中のひとりが自分であれば嬉しいことです



<2011.07.16 追記>
今頃になって気づいたのですが、4ヶ月前にこんなエントリーをアップしていました
『一番のファンサービス』とは?
このような部分も今回のエントリー内容につながっているんですよね

もう少し早く気付けば良かったなぁ~

何れにしても、私は名古屋が地元に愛されるクラブになって欲しいだけなんですよ
そのためには、クラブも色々な面で工夫や努力も必要なはずです

焦りはしませんが、名古屋が地元の誇りになる日が来ることを信じたいと思います


関連記事

| 名古屋関連 | 20:27 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

一名古屋ファンの者です。
毎回楽しみに読ませていただいております。

観客の少なさをピクシーが言ってましたが、
まったく的外れですね。
観客に来てほしければ、名古屋自身がもっと努力するべきとの管理人さんのご意見に同調します。

私自身もJリーグ発足以来に名古屋ファンですが、スタジアムへは数えるほどしか行ってません。

スタジアム観戦は最近になってよく行ってますが、さすがに平日のナイトゲームは二の足を踏みますよ。
そのスケジュールを組んだJリーグ側にも責任はあるのではないでしょうか?
震災で延期されてた試合でしょうけどね・・・。
私自身ももっとスタジアムに行って応援したいのですが、
距離と時間とお金が問題なんです。

その辺をわかってのピクシーの発言だったのかはわかりませんが・・・。

| masa | 2011/07/14 22:36 | URL |

Re: タイトルなし

masaさん コメントありがとうございました

選手の立場で考えれば、ガラガラのスタジアムでプレーするよりは
大勢の観客に応援されながらプレーする方がやりがいがあるのは当たり前でしょう

ピクシーにすれば、自分たちは昨季に続いて結果も残しているのだから
もっとスタジアムに足を運んで欲しいという気持ちになるのは理解できます
相手が鹿島さんのように強敵であれば、ホームサポーターの後押しが
勝敗を分けることにもなることは自身の体験からも強く感じているのでしょうね

ただ、やっぱり一度離れた観客は簡単には帰ってきませんよ
ブームだった頃は、ライトなファンにとってスタジアム観戦の敷居が低かったと
思うのですが、今は一歩引いてしまう気持ちもあるのかも知れませんし
良くも悪くも常連が幅を利かせていることも否めません

サッカーに全く興味の無い方を引っ張り込むのは至難のわざなので
masaさんのように年に数回程度足を運ぶ方や、ブログなどをご覧になるなど
多少でも興味がある方にどうやって足を運んでもらうのかがポイントでしょうね


>距離と時間とお金が問題なんです

何かを犠牲にしてでもスタジアム観戦したいと思わせることが出来るかどうか?
スタジアムに足を運ぶ方たちは、それなりに何かを犠牲にしているんですよね
と言いますか、良い悪いではないけれど結局は価値観の問題なんです

遠くても、キックオフに間に合わなくても、物を購入するのを我慢しても
グランパスの試合を観たいと思う方をどれほど増やせるのか?

masaさんを責めているように聞こえてしまいますが、そんなつもりはありませんからね
私の言葉が足りなくて気分を害することが無いように祈ります

実は、私がアウェイ参戦に二の足を踏むことが多いのは、masaさんの理由と全く同じです
やはり「距離と時間とお金が問題」なんです
この価値観が変われば、もっとアウェイ参戦も増えることになるはずです

クラブは拙速に結果を求めずに、まずは今のリピーターをつなぎとめながらも
新しい層の心をつかむためにしっかりと足場を固めて欲しいものです

クラブ側に出来ることは、まだまだ色々とあると思います

| NagoyaNoid | 2011/07/14 23:51 | URL | ≫ EDIT

気分を害していませんから、ご安心ください。
実は私も先日あったナイトゲームの16節の大宮戦をはるばる観戦に瑞穂まで行ってきたんですよ。
初めての瑞穂でのナイトゲームでした。
会社が終わってから出ていたのでは間に合わないので、午後4時に早退して、観戦にいきました。
その頃名古屋は今ほど好調とまでは行ってませんでしたよね。
だから応援しに行ったんですが、結果は御存じのとおり、ロスタイム(でしたよね?)に追いつかれてドローでした。
私はN県の南部に住んでいますから、中央道をスっ飛ばして観に行って帰りは意気傷心でがっくりして帰ってきました。
それもこれも名古屋というチームが好きだからできることじゃないでしょうか。
そんなファンがいるってことを分かってはもらえないと思いますが、、、、名古屋というチームを大好きなんです。
これからも時々こうして書き込みさせていただくかも、しれませんが、よろしくお願いします。m(__)m

| masa | 2011/07/15 21:49 | URL |

Re: タイトルなし

masaさん コメントありがとうございました

ひとつハッキリしたことは、masaさんの方が私よりもハードワーカーだということです
私はmasaさんの環境ならば、平日ナイターに参戦することは無いと思いますよ
もっとも、こんな風に比較すること自体が本当はナンセンスなんですが・・・

前回のコメントで私が使った「価値観」という言葉なんですが
人それぞれが抱えている環境の中で、サッカー観戦に費やすことが出来るパワーが
自分の中でどこの位置まで順位を上げることが出来るのかだと思うんですよ
それが、距離・時間・お金・体力などに勝てるほどサッカーが魅力的なコンテンツになるのか?

その意味では、私の環境はmasaさんの環境よりも少ないパワーでサッカーの順位が
上位になることが出来ているってことにもなるはずでしょう

毎回スタジアムに駆けつけるから偉くて、行かないから偉くないなんて話ではないですし
私は、観戦において自分が恵まれた環境にいることは十分に自覚しています

環境や費やすパワーの違いは人それぞれですが、結果として今までより少しでも観戦する人が
増えるようにクラブは一層努力をして魅力ある存在でいて欲しいと願います


う~ん、何が言いたいのか・・・
自分の伝えたいことを言葉にするのは思っている以上に難しいことですね

意味不明なことをクドクドと書きまして申し訳ありませんでした


余りみなさんに喜ばれるような内容の記事は普段から書いていないと思いますが
お時間に余裕のある時にでも時間つぶし程度で読んでいただければ幸いです

| NagoyaNoid | 2011/07/16 01:04 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます
お返事が遅くなる場合がありますがご容赦ください

※全てのコメントは NagoyaNoid が内容を確認後に公開させていただきます
※営利目的などエントリーに関係無い文章、または当ブログに相応しくないと
  NagoyaNoid 本人が判断した場合は、予告無く削除いたします

◆書き逃げを狙う輩へ◆
※いただいたコメントの内容については、当ブログの管理人である NagoyaNoid の
  主観において誹謗中傷だけを目的とした書き込みだと判断した場合は、投稿者の
  残していった情報(ホスト名・IPなど)を予告無くここに公開する場合が御座いますので、
  自分の欲求を満たすためだけに書き逃げをする際は、それ相応の覚悟の上でコメントを
  投稿することを推奨します

※普段からご訪問くださる方には、息苦しさを感じるような注意書きを追記すること
  になってしまい申し訳ございません。あくまでも悪質な訪問者への対抗措置である
  ことをご理解くださると助かります















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT