今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

優勝決定の瞬間、その裏側で・・・

今回のエントリーは実に個人的な話題になりますが
自分としては記録しておきたい話なのであえてアップします
それは、2010年11月20日のこと
平塚の地で名古屋が悲願の優勝を決めた直後
選手たちがピッチで、サポたちが観客席で
感情を爆発させ始めたちょうどそのとき

テレビの前で試合の行方を追いながら
鹿島戦の動向をメールで知らせてくれていた
そんな名古屋の知人に私は真っ先に電話をかけた

喧騒に包まれた周囲の音の影響と
言葉にならない私の涙声の影響で
彼もさぞかし聞き取りづらかったことだろう

ただ、優勝を決めたら真っ先に彼に電話をすることは
以前から私は心の中で決めていたことだったのです

だからと言って、彼は名古屋サポではない
それどころか熱狂的な他Jチームのサポなのだ
そんな彼がどうして私に情報を送ってくれたかと言えば
サッカーファン仲間の私に対する友情の表れでもあるが
もうひとつ大きな理由がある

それは、彼の息子さんが好きなチームのひとつに
名古屋グランパスも入っているからなのだ
もちろん、ご両親が応援するチームのことも好きなのだが
なぜか名古屋のことも好きだと以前から言ってくれていた

ご両親とすれば複雑な気持ちだったのは当たり前だが
私も以前から息子さんと顔を合わすたびに
将来の名古屋サポにしてやろうと考えたものです
抽選で当たったグララのポンプもプレゼントしたりしてね

だから、そんな彼の息子さんにも報告したくて
優勝したら電話をするって最初から決めていた

でも、彼の息子さんに直接報告することは出来ません・・・

以前からこのブログを訪問くださる方の中には
もしかしたら覚えてくださっている方もいるかも知れませんが
今年の1月に彼の息子さんにご不幸があったのです
私にとっては、大袈裟ではなく人生で一番悲しい出来事だった

だから、その息子さんの代わりに名古屋を応援してくれていた
お父さんである知人に電話をかけてこんな言葉を伝えた

「本当に優勝したよ」
「応援してくれてありがとう」
●●くんにも伝えてあげて」

私のあんな涙声でちゃんと伝わったのかどうか心配だが
息子さんにも今度報告しに行くつもりです

人生で一番悲しい出来事と
人生で一番嬉しい出来事が
同時にやってきた2010年

私にとって決して忘れることの出来ない
そんな一年になりそうです

関連記事

| from NagoyaNoid | 14:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT